日本工業規格適合性認証 認証番号:TC 03 07 019
会社概要 太平洋セメントGr経営理念 お問い合わせ
営業部門 技術部門 設  備 環境対策 小売販売
     
会社概要  太平洋セメントグループ
経営理念
概要
○会社名
○東京事務所所在地

           
○初狩鉱業所所在地


○メールアドレス

○代表者
○資本金
○従業員数
○設立
○事業内容

 甲州砕石株式会社
東京都新宿区新宿三丁目1番24号
電話 03−3354−2431
FAX 03−3354−2340
山梨県大月市初狩町下初狩151番地
電話 0554−25−6211
FAX 0554−25−2567
info@koshusaiseki.co.jp
(スパム防止のため全角にしています)
田 中  日 出 穂
6,000万円
35名
昭和33年3月
・石材の採掘並びに砕石の製造販売
・各種窯業製品の仕入れ販売
・産業廃棄物(がれき類)処分業並びに再生クラッシュランの製造販売
沿革
〜昭和33年(1958年) 2月 創業前
昭和33年(1958年) 3月 甲州砕石株式会社設立
昭和34年(1959年) 3月 1号グローリーホール完成
昭和38年(1963年) 12月 5号グローリーホール完成
昭和40年(1965年) 2月 グローリーホール探掘法をベンチカット法に切替
昭和44年(1969年) 6月 1次ジョークラッシャを設置、月産能力5万tとなる
昭和48年(1973年) 8月 高川山にベンチを開鉱、月産能力6万tとなる
昭和53年(1978年) 10月 破砕設備1系統を増設、月産能力10万tとなる
昭和56年(1981年) 2月 コンクリート用砕石(砕石2005、4020)JIS取得
昭和56年(1981年) 9月 高川山立鉱、坑内破砕設備、坑外破砕設備増設、月産能力15万tとなる
平成 3年(1991年) 7月 第一次破砕設備新設工事完成
平成 3年(1991年) 10月 第二次破砕設備新設工事完成、月産能力20万tとなる
平成 5年(1993年) 2月 大月営業所開設
平成 6年(1994年) 6月 大月市道源氏橋開通
平成 6年(1994年) 6月 新出荷事務所完成、コンピュータ制御による自動入退場自動計量システム稼動
平成 7年(1995年) 5月 78t積ダンプトラック無人システム導入
平成 8年(1996年) 5月 砕砂増産設備新設
平成 9年(1997年) 10月 コンクリート用砕砂JIS取得
平成10年(1998年) 3月 第三次高川山開発工事完成、路盤材プラント新設工事
平成11年(1998年) 3月 道床水洗ドラムウォッシャ新設工事
平成12年(2000年) 6月 CAT-D5ブルドーザ導入
平成13年(2001年) 7月 EX600LCHバックホー導入
平成14年(2002年) 7月 砕石2005微粒分除去設備新設工事完成、PC1800大型バックホー導入
平成15年(2003年) 8月 HD-605ダンプトラック導入 HCR-1500クローラドリル導入 LT-105ロコトラック導入。ケーキ安定処理品製造設備工事
平成16年(2004年) 8月 GM-300ボールミル導入。砕砂ヤード屋根工事
平成17年(2005年) 10月 CAT-D6Nブルドーザ導入。給油所新設工事
平成18年(2006年) 6月 清掃用バキューム車導入、HCR-1200ED2クローラドリル導入。JIS製品品質向上工事(鉄片除去4キ)
平成19年(2007年) 4月 新JIS認証(JIS A 5005 砕石・砕砂)。4号水洗機新設工事
平成20年(2008年) 8月 HCR-1200ED?クローラドリル導入
Copyright (C)1958-2008 KOSYUSAISEKI Corporation All Rights Reserved.