日本工業規格適合性認証 認証番号:TC 03 07 019
会社概要 太平洋セメントGr経営理念 お問い合わせ
営業部門 技術部門 設  備 環境対策 小売販売
     
初狩鉱業所の設備

 会社設立当時は、グローリーホール工法によっていましたが、昭和40年以降、立坑方式による段階採掘法を採用しています。
 
 作業はまず十分な表土除去を完了させた後、山頂より逐次10mのベンチを2−3段造成し、各ベンチごとに上部から大型の全油圧式クローラドリルで発破孔をさく孔した後、硝安油剤爆薬で爆破します。
 山頂の切羽では、油圧ドリルで、直径102〜75mm、長さ10〜12mさく孔し、発破します。起砕石をパワーショベルにて60t積ダンプトラックに積み込み、立坑に投入します。 
品質管理・位置 地質鉱床 採掘
砕石生産   出荷
Copyright (C)1958-2008 KOSHUSAISEKI Corporation All Rights Reserved.